借りる前に費消を求められたら、甚だヤバいかも!

ヤミ金の手口の一つで、利益を借りられないだけでなく、逆に嚇し系統に利益を払わせられるというものがあります。
その手口は、ひとたび電話で話し合いをすると、50万円や100万円といった賃金を、銀行系の金融機関のような金利で貸してくれるといいます。
そして、借りるにあたってのプライバシーなどを呼出し口にて質問されます。冠、住所、連絡先、勤め先、勤め先の連絡先、宣言ユーザーとなる親戚辺り、銀行系の金融機関と同等の会話になる結果、皆は疑いなく話をしてしまいます。
その後、信用の品評を行うという流れになりますが、ここからが大きな弱みとなります。
「利益のごリサイクルは可能ですが、先に信用案内を作る必要があるので、先に月々の返済額食い分を、振り込んでください。その分はごリサイクル時に返却しますので、あすまでに●万円振り込んでください」
といって、入金ポケットを指定してきます。
その後、仮にその通りに振り込んだ場合には、「先●ヶ月食い分必要ですので、翌日までに振り込んでください」と続いていきます。
仮にそれを払えなかったり、撤回を申し出た場合には、撤回料として数十万円を支払うように指示してきます。
そこで、そういった利益は無いので払えないというと、現場や宣言ユーザーにバラす、取り立てるという嚇しをし、利益を必ず払わされてしまいます。
こうなると、おおかた自分ではどうすることもできないと思いますので、できるだけ急いで警察や話し合いセンターに助けを求めるようにしましょう。
ですので、仮に利益を借りる前に振込を求められるようなことがあれば、その時点で要用心と思った方がいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ