私のパパは、ヤミ金につとめてボロボロにされた。

私のおじいさんの次女のパパが、やくざやくんで、ヤミ金をしていました。
おじいさんの葬式をしたチャンス、私の父親とそのおっさんは久しぶりに再会しました。
長く会っていなかったので、つもるお喋りがたくさんあり、終始2人でペラペラ言っていました。その頃、私のお父さんは長年働いてきた社をやめて、商売が定まらず、てんてんとしていました。こんなダイアログをそのおっさんにしたんでしょう。おっさんは、父親に自分のところで働かせてやると言いました。父親は、いくらヤミ金でも、おっさんの先なので融通がきいたり、いい事した考えないで、アッという間におっさんのところで働き出しました。
身は未だに中学校だったので、どういう出勤なのか父親に聞いても、モータープール、便所、社の保全を日々していると聞かされました。
でもそれは虚偽でした。
ある日忽ち、ママが身に
父親の社の個人が仮に来たら、父親は普通に出勤に行ったと言いなさい。
と言われました。あたしはわかったと言い、普通に在宅にいると、男の人が2人、在宅に来ました。ママがいたので身は会っていませが、その人たちはアッという間に帰りました。
すると真夜中に父親ご帰ってきました。我々にただ現在も言わず、寝ました。
すると、すこしたってからお母さんが血相をかえて我々を起こしたり、どこかに電話したりしていました。お父さんが薬をはじめ器飲んでいました。医者に運ばれて、一命をとりとめました。優しい父親を自殺においこむ、最低なヤミ金です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ