軽い気持ちで手を出すと後悔する、罠だらけのヤミ金

みなさんはヤミ金というものをご存知でしょうか?ヤミ金とは財を貸してくれるところです。普通のポイントとの違いはナショナリズムからの了承を得ているか何とかです。ヤミ金は了承を得ていないパイ、高利子なんですね。
ではなぜヤミ金に手を出してしまう第三者がいるのか。すごく二つに分かれます。
1つは、ヤミ金だと知らなかったモデル。巧妙な手口で普通の辺りとミスさせてラクさせたりする店舗も多いです。
更にはヤミ金だと知りながらもヤミ金から借りざるを得ないモデル。たとえばティーンエージャーで普通の店舗から借りることができない第三者、親子にバレたくないからヤミ金に手を出す第三者、失業などで他社の吟味に落ちてしまった第三者、他社は借りすぎて返すこともできずすでに借りることができないという第三者、色々なモデルがあります。
ヤミ金はティーンエージャーでも失業でも他のところでブラックリストにのっていても借りることができるのは何故でしょう。それは利子が高いからですね。普通の店舗だとナショナリズムからの了承を得ているので年率20百分率を守っていなければなりません。それを守っていないのがヤミ金です。では利子はどれくらいかというと店舗や貸す相手によってバラエティーなのでおしなべて言えませんが、10日で5割という辺りも多いようです。
ヤミ金の危険は利子が厳しい分返金が耐え難いことです。利子の返金に精一杯元金まで返すことができないと、引き続き返金しなければいけません。ますます利子ばかり返すようになってしまいます。
ヤミ金は違法なので訴訟を起こせば勝てますが、ヤミ金には手を出さないことに越したことはないでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ