家族で怖くて逃げ回ったあの虚しくてつらかったあの年中

母さんが身辺の支出に追われ続け、気づくと頼る部位がなくなっていたそうです。誰も気付いてあげられず母さんはヤミ金に手を伸ばしていました。母さんが事故で入院した3お天道様後述、在宅に知らない紳士から電話があり、、、おとうさんは腰が抜けました。明日、おとうさんは不可欠を休み色々な所に行き在宅へは夜更けしか帰ってきませんでした。私も、おとうさんからヤミ金の事を聞き怖くて彼女の家屋に居て家屋にはざっと帰りませんでした。たまたま、夕刻自宅で家族双方ミールを食べていると怖そうな男の人が『何時返すんやぁー!』と怒鳴り散らして行きました。
明日、おとうさんはまたどっかへ行ってしまい、、、そのあした、ぼくが起きるとおとうさんは自殺をはかり倒れていました。ぼくは怖くて泣きながら緊急自動車を呼びました。おとうさんは、一気にICUに入れられ口も聞けなくなり一時は危なかったのですが2ヶ月の入院でスタミナも戻り退院できました。
ぼくは、母さんの連帯担保人物だった結果、25年齢でライフスタイルにして初めての自己破産をしました。
仲よしも減りました。怖くて日々、泣いて不可欠にも影響してしまい現場でもいつのまにか浮くものになり方不信になってしまいました。
親友にも対面したのですが、気付くとその親友までもがぼくを避けるようになり未だに一報が取れません。
これから、あんな怖くて忌まわしい日々は積み増したくないと家族で強く実感した事象でした。
TVや雑誌で、ヤミ金という氏名を聞いたり見たりするだけで身震いがしてきます。
ヤミ金の発端は、とうにぼくを含む私の一家や大切な人物には立ち入ってもらいたくない部位です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ