多くのNURSEに共とおする悩みのタネと言えば職

多くのNURSEに共とおする悩みのタネと言えば、職場での人間関係の難しさや不規則な勤務形態です。一般的にNURSEの多くが女性なので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところもよくあるようです。
シフト勤務など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、環境の整った職場へ移るのも間違いではありません。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても違ってきます。一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思うNURSEもよくあります。
「ナース」という書き方と、「看護士」という書き方があるようです。
双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。
この二つを漢字で書き表すとどちらでも書くことができるのです。昔は看護士というと男性のことで看護婦は女性と明りょうに分けられていました。
法の改正があった2001年をきっかけとして、男女分け隔てなく使用できる「看護師」を使うことで一本化されました。
やり甲斐という観点から見てみますと、NURSEの右に出る仕事は沿う沿う無いのかも知れません。
でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。
第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。
それから、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、なに知ろ医療に関わるわけですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を志望する人が引きも切らないというのはやっぱり、沿ういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに長所も多いということに他なりません。
少子高齢化の影響は多彩な所に波及しており、とりわけ医療職に就く人たちがますます必要とされる可能性があるようです。なので、今でさえ足りていないNURSEですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。
毎年毎年、絶えることなく新たなNURSEが世に生み出されているはずなのに、なぜナースがそんなに足りていないのでしょう。
それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も起因しています。キャリアアップを考えてトラバーユを検討する看護師もよくあります。
看護師の能力を向上指せることで、収入アップを目さすこともできます。看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に適した場所を捜してみることは重要です。内科の外来が合うと感じる人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、意欲的にトラバーユを検討するのもアリかも知れません。ナースの人がトラバーユする時に、違う職種へトラバーユしようと思う人も少なからずいるはずです。けれど、一生懸命にナース資格を得たのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。
まあまあ異なる職種であっても、看護師の資格が良い方向にはたらく職場はよくあります。
一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。
看護の学校を出て、初めて看護師として働き初めた新人だったり、違う病院からトラバーユによって働き初めたナースに、現在の職場での経験が足りないという名目で、残業したことによって支払われるべき給金が未払いになることがあるようです。
ただ働きで残業を指せるのは、労働者が新人かどうかは別の話で労基法違反であり、犯罪です。残業も完全に仕事のうちですから、労働した時間分はきっちり、給金という形で手に入るのが当然なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ