全国の看護師年収は平均すると437万円ほ

全国の看護師年収は平均すると、437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院ではたらくNURSEは、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員ナースは給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。
看護師の場合であると、NURSEよりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。今、日本ではEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思っていますが、いわゆる外国人ナース候補生のうけ入れを実施中です。
けれども、候補生は日本語で出題されるナース国家試験を受験して、3年間の滞在期間中に看護師資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の取得ができなかった場合には帰国しないとダメだと決まっています。
就労と日本語の勉強とあわせて、国家試験対策をしなければならず、大変シビアであるようです。
街コンはもうご存知の方が多いと思っていますが、そこでは沢山の出会いが待っています。
こういったイベントに出るナースは多く存在しています。
女性の多い職場であるためどうにも男性に出会うことが難しく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。
「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされるシゴトです。ただし、もし、恋人同士になれたとしても、勤務形態が不規則なせいで、うまくいくケースばかりではないのが現実です。収入の話になりますが、看護師という職業は、女性が一般のシゴトでもらえる額と比較して、給料はすごく高めになっている、ということはよく知られています。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、どうしても回ってくるシフト勤務や、否応なしの残業に対する手当がきっちりもらえるから、ということです。どちらかというとシフト勤務が好きで、いつも要望している人であるとか進んで残業をたくさんする人の給料をみると、普通に働いている他の人と比べると、すごく高くなるでしょう。
ナースの当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、仮眠を勤務時間中にとることが出来るのです。国の指針では、月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になる人が多いのも、看護師を辞める割合が高い所以の一つかも知れません。
病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。
日勤にシフト勤務にとイレギュラーな勤務をしながら時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師は激務をこなしているのが実情です。
男性看護師も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスにやられてしまったり、看護師の中にはお手洗いに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも深刻な現状を表しているといえます。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義なNURSEというシゴトですが、その一方で困難もまたイロイロなのです。
中々きついシゴトであることは確かですし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大聞く、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そんなおシゴトだとわかっていながらもNURSEを目指そうとする人が大勢いるというのは、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに意義のあるシゴトであり、充足感があるのでしょう。
ナースの資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)というものの最も強みとなる点はというと、やっぱり、たとえブランクがあったとしても、再びNURSEとしてはたらくことが比較的容易だということです。どうしてかというと、看護師のシゴトが専門職だということ、人手不足であるということが大聞くかかわっていると言えます。
「トラバーユ先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、うまくいけばたとえ50代でもNURSEとして再就職が出来るのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ